銅版画ワークショップ

a0003536_10553812.jpg

 pinpoint galleryの銅版画のワークショップに参加してきました。講師は田中清代さん。トマトさんという絵本を何年か前に一目惚れして買ったのだけど、その作家さんです。
 今回はドライポイントという鉛筆の線が生かせる技法で(それに引かれて参加)、葉書大の銅版に描いて刷りました。この夏の締めくくりにふさわしい絵といえば虫!一枚目はクワガタを、2枚目には蝉を描いてみました。この蝉はアブラゼミだけど、バックの文字はミンミンゼミの鳴き声です。(笑)表参道の駅を出たらミンミンゼミがあちこちで鳴いてたのでみーんみーんと入れました。逆さ文字がかきたくて名前まで入れちゃったけれど、版画のサインって枠の外に鉛筆書きするんでした・・ははは。
絵を描く作業のほかにたくさんの丁寧さを要する作業工程があって銅版画が完成するんですね。グランドという正露丸の香りがするアスファルトのようなもの(見た目は高級なチョコレートみたい)を銅版に均等に溶かして塗り付ける作業が面白かったな。あとは腐食させた後に汚れをふきとると銅版がピカピカの銅のオブジェのようになるのが感動的。プレスし終わって紙をめくって見る時も!ぜひまたやってみたいなあ。
[PR]
by masulira | 2005-08-24 10:54 | のほほん日記

イラストレーターマスリラの絵日記。


by masulira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30