表参道→新宿

おっちーと一緒にいとちゃん(山下以登さん)、かとちゃん(かとうくみこさん)たちが出品しているぴんぽいんとのちいさなアンデルセン展へ。はがき大のアンデルセンの絵が会場中にびっしり!面白かった。いとちゃんといとちゃんパパの絵はマットへのはみ出し具合がとても気持ち良くって好き。あと、和歌山静子さんの裸の王様の絵がまさに寺村輝夫さんのぼくは王様(だったっけ?!子どもの頃大好きだった!)シリーズのあの王様で、原画が見られてうれしかった。

その前に腹ごしらえした店(スパイラルの脇を入ったところにあるイタリアン)の男の人がとにかく強烈だった。また見たい。白魚と菜っ葉のパスタもピッツァマルゲリータも美味しかった。

その後新宿の世界堂へ移動。なくなりそうな絵の具とか筆とか買おうと思って。おっちーが個展の展示の方法とかいろいろアイディアを伝授してくれて心強かった。めからうろこがぽろぽろ。私が今気に入ってる絵の具にオッチーもはまっているのが判明。ターナーアクリルガッシュの和シリーズ。漢字で色の名前が書いてあるのにぐっときてしまうのだ。一番のお気に入りは消炭色。他にも挙げていこうと思ったらいっぱいになりそうなのでやめます。前の日に黄丹という色を使っていて、うわあこれはまさに生ウニの色だ...と思って感心したのだけど、読み間違えだったことに気付いた。「おうに」でした。いつもは見ないコーナーも見てグループ展に使えそうな材料も購入。あと筆も。見本のために持っていった私の筆を見ておっちーが大笑いしていた。丸筆の毛先が鉛筆削りで削ったようになっていたので。

そのあとはオッチーと別れて若松町の備後屋へ。ここで何を買ったかはまた今度。
[PR]
by masulira | 2005-02-23 14:25 | のほほん日記

イラストレーターマスリラの絵日記。


by masulira
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31